1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ultimate Ears triple.fi 10 Proのレビュー 

カテゴリ:Ultimate Ears triple.fi 10 Pro

triple.fi 10 Proのレビューです。
本ブログ休止前最後のレビューです。

triple.fi 10 Proに関わらず、Ultimate Ears社製、延いてはデュアル・トリプルBA構造のイヤホンはエージングに時間がかかると言われておりますが、なにせ時間が差し迫っておりますので、

○フリーソフト「WaveGene」で作成したノイズ(ホワイト・ピンク・周波数を適宜変えたもの)をパソコンで累計48時間(二日)程流しました。音量は大きめに設定。


常用していたイヤホン・・・当機
常用していたヘッドホン・・・久しく聴いておらず

使用したDAP・・・HD20GA7
【基本データ】
  • スピーカータイプ バランスド・アーマチュア、トリプルドライバ(高1基・中/低2基)
  • 入力感度・・・117dB/mW 
  • 周波数特性・・・10Hz~17kHz 
  • ノイズアイソレーション・・・26dB 
  • インピーダンス・・・32Ω 
  • 入力コネクタ・・・ステレオミニプラグ、金メッキ 
  • ケーブル長・・・約130cmで低摩擦なノイズ遮断素材採用

【傾向】
  • 低音寄りの弱ドンシャリ~フラット

【高音域】
  • 量は十分。
  • 質はやや太め、シャリつくことはない。
  • 超高音域はあまり出ていない。
  • 鮮やかさがやや足りない。よって金管楽器ももう一歩といったところ。
  • ただこのバランスが刺激を残しながらも心地よく聴ける理由であるのも事実。
  • シャリつかずにここまでの高音の量があるのは脅威。
  • ER-4Sのクリアさには敵わず。伸びも4Sに軍配。
  • ER-4Sとは方向性の違う高音の質だが、最高レベル。
  • 5点

【中音域】
  • 量は十分。
  • ボーカルが引っ込むという書き込みが他の皆様方のブログで散見するが、曲にもよる。
  • ボーカルが近くで歌っているように録音されている曲では逆にかなり近くで聴こえる。
  • ボーカルの温かみは中々。ER-4Sより声に厚みがあり、人間味がある。
  • 5点

【低音域】
  • 各音域に比べてやや多め。
  • 質としてはやや緩慢だが、音圧・厚みもある。
  • 特に音圧は目を見張るものがある。B'zの曲などが分かりやすい。
  • 低音がそれほど活躍しない曲では、ホワイトノイズと共にやや曲のバランスを損なう場合あり。
  • 5点

【音場感】
  • イヤホンでここまで実現できるのか、と思うくらい広い。
  • 臨場感がある。
  • 5点

【明瞭感】
  • 篭っている感じもなく、高音域もクリアな質感なので概ね良好。
  • 4.5点(低音の量から)

【原音忠実性】
  • 各音域を強調している感じはあまり受けず、高いレベルでその音源を表現しているように思える。
  • それでも低音の量はやや多めか。
  • 4.5点

【分解能】
  • 高音が強調されているわけでもないので、見せ掛けの分解能といった印象は受けず、トリプルドライバの実力が十分解る。曲によっては低音が他の楽器を圧倒してしまうこともあるが、許容範囲内。
  • ER-4Sのように細部までとことん、といった感じはしないが、音楽を楽しむ上では十分な能力を有する。
  • 4~4.5点

【まとめ】
  • 録音状態の悪い曲は低音がボワボワしてボーカルとくっついて、一気に分解能や解像度が落ちます。(低音の量・質感から)
  • ER-4Sは高音の質は細めで、POPSなどにはわずかにシャリついて合わない、なんてことがあったのですが、10proは問題なし。
  • 落ち着いた女性ボーカルのバラード、クラシックにはER-4S、それ以外には10PRO?雑食なようで、実は聴いているジャンルは似通ったものばっかりといった筆者ですが、10PROのほうが使う回数が増えたのは確かです。(筆者の聴く曲の8割は女性。)
  • DAP側のEQで各音域を強調しても破綻しません。ちゃんとついてきてくれます。
  • 10proを一言で表すと、「クリア」「壮大」「重厚」といった感じ?

【アッテネータについて 04/07追記】
  • アッテネータを介して聴くと、高音の質感が細めになり、曇りがなくなる。(低音の主張も結構収まる)
  • ボーカルの厚みが薄くなり、あっさりとした印象になる。
  • 音量はER-4S並、あるいはそれ以上にとりにくくなる。
  • 抵抗値の違いによってここまで音が変わるとは思わなかった。
  • 値が高ければ高いほど繊細な音になるのだろうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。